にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

キャンペーン渡り歩き

月初めはあちこちのスポーツクラブでキャンペーンをはり、入会お誘いのチラシが入る。私も今月からスポーツクラブを新たな所に申し込んだ。1日体験の機会があったので少し前にしたのだが、どこも同じようなシステムで、あたかもそのクラブの会員であるかのように違和感なく過ごせた。
やはり最初の障壁が高かっただけである。理解できないことが多くあった。一日中、スポーツクラブに滞在している人もいるとのことを聞き、信じられなかった。お昼ご飯を食べずに運動する、カロリー補給のバナナ一本で午後のレッスンを受けることもそうだ。

以前は運動後にシャワーはないのが普通で、あればそれを浴びて終わりだった。だから、スポーツクラブに行った後に風呂に入りサッパリするという感覚もわからなかった。風呂は家で入るものだろうと思っていたのだ。ロッカーの使い方も、プログラムの見方も、個々のスタジオプログラムに関してもそうだ。周りの参加者達との距離の置き方もわからなかった。

具体的な個々のカタカナ名のプログラムでは、その内容が各自に適合するか想像もつかないし、器具の扱い、終了後の処理、インストラクターとの距離、自分の定位置等々。このあたりのスポーツクラブの空間は、別の人種の世界だろうと思い、知りたいとも思っていなかった。一度スポーツクラブ体験をすると、どこも似たようなものだということがわかる。お気に入りの同じインストラクターが掛け持ちで教えていることもあるので、なおさら溶け込みやすい。

 

ちょっと肩を押してもらうと、私達は動きやすい。キャンペーン最たるものの1つである。今までのKスポーツクラブの不満は料金が高いこと、そしてやや遠いことだ。初めて本格的にスポーツクラブに参加したところだから気持ちはあるのだが、やはりこのところマンネリ化してきた。参加したいプログラムがなくなってきたのだ。今回は3ヶ月キャンペーンということで、最初の7月からの2ヶ月を月料金3240円で参加でき、パーソナルレッスンもあったので、価格的に大変お得で魅力であった。3ヶ月目の9月は月2回まで利用可能の会員(3564円/月)の受講で退会と、数日前に手続きをしてきた。儲かるお客さんでなくて悪いけれど、制度としてあるもので、不正を働いているわけではないので許してもらおう。

今後は気軽に都度利用となる。会員証は無効にはならなくて、一回1944円で回数分を今後もずっと利用できる。利用するかどうかはわからないけれど、また戻ってくる可能性も皆無ではないので、完全に切れるわけではないのも嬉しい。9月に関しては新しい所と両方に所属、10月から完全に移ることにした。一カ月分と事務手数料が無料となるRスポーツクラブの割引キャンペーンにより、今回もまた価格にて、ひと押ししてもらった感じだ。

Mai gym