にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

面接前にスポーツクラブで汗を流すという恵まれた環境

今まで通学や通勤先はほとんど1時間半以上要して、苦役そのものであった。今は仕事もジムも10分程度で行けるので近い。バイクなどだと快適にスイスイ行けるから、通勤時間は実質的にはないような気分である。それ以外にたまに行くところでも20分もあれば、メジャーなところへは行ける便利なところに位置している。

数日前に面接があった。指定の時間は4時半ということで、家を4時過ぎ出れば十分に間に合う。それまでに時間がある。スポーツクラブで、昼からエアロビクス、ファイト45、アクアビクスの3本参加して、クタクタに疲れた。その後に風呂に入って身を清めてから帰宅で、その後に・・と余裕のある生活だ。面接前にスポーツクラブで汗を流すという、通常は考えにくい恵まれた環境である。もちろん、面接まで行くのは珍しいことなのでぜひ合格したいし、面接を軽く見たり手抜きをしているわけでは決してない。

スポーツクラブか面接のどちらかそれだけで半日、場合によっては1日を潰してしまう場合は、東京圏は広域だからよくあった。香川県、そして高松市はコンパクトで、中心部は駐停車禁止で駐車場探しには苦労するものの、その程度で行けるのはとても心地よい。 コンパクトなエコシティを推進しようとしている高松市だからこそ、そのビジョンが、さらに具体的な形になって広報活動を進めることを期待したい。そのために、何らかの貢献をしたいと考えているところ。

Sport UNE gym