にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

スマートメーターに変わり30分毎の消費電力がわかる

2週間くらい前に、四国電力でスマートメーターに変えた。ユーザーとしては変わりはないのかなと思っていたが、電力の使用状況がわかることに気づいた。何もしなくてもというわけではない。四国電力の場合は、よんでんコンシェルジュに事前に登録しておくことが必要だが、ログインすると次のように表示される。そのマイメニューから、実績照会サービス、その後に上の方のタブ電気使用量をタップし、さらにその下の 30分別ご使用量(日別)を選択すれば良い。必要に応じて、グラフの下の日付を変更すれば知りたい過去データもわかる。但し、スマートメーター設置以前のデータはわからない。

f:id:Miketoy:20170917071422j:image

四国電力からの、お知らせ - 四国電力株式会社

下記の「詳細な情報」というのはグラフのデータその数値そのもので、単位は0.1以下まではわからない。

f:id:Miketoy:20170917070140j:image

このデータをみると、いろいろとわかる。一般的に家庭での消費電力の大物は、エアコン、洗濯乾燥機、冷蔵庫、大型テレビ、パソコンなどを抑えれば十分だろうから、その頃の使用状況を振り返って、この結果と見比べるだけでも参考になるはずだ。

我家は以前の10年以上前の冷蔵庫では常時0.2kW はあったが、この4月に購入した冷蔵庫ではその約半分以下の消費電力でエコである。そういったことが、カタログベースではなく、実際の消費電力もそうであることがわかる。また、上記グラフは乾燥機のエコモードを使った時の電力だが、下記の午前中のピークは乾燥機を使用していた3,4時間の消費電力であるといった類のことも比較すればわかり面白い。その総面積(積分値)が消費電力になる。

f:id:Miketoy:20170917070142j:image

2年少し前に旧居で、東京電力によってスマートメーターに変わった。四国電力が最先端とは考えにくいから、その当時からこの手の類似の情報サービスは各電力会社から提供されていたはずだが、ここまで気づかなかった。電力会社は、この手の情報をもっと宣伝すれば良いのにと思う。