にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

マンション管理員のタイプもいろいろ

マンション管理員も働く方によってタイプがあり、大きく異なる。職場の先輩から、次のようなアドバイスをもらった。なかなかその業務に入り込み勤務しないとわからないことでもある。

 

常勤のメリット
●決まった物件、決まった管理会社で業務が出来る。但し、自分の好んだ物件に入れる可能性は?。

ハローワークなどで応募されたら確実かも。

常勤のデメリット
●いいもわるいも、人間関係(物件担当者、住人など)が濃くなる。

理事会、総会開催の手伝いもあり得る。

 

その他に常勤だが、必要に応じて回る巡回員がいるし、寮母さんのような住み込みタイプもあったようだが減っている。

 

実は、ある常勤案件があり、受けるかどうか迷っている。今の代務のままの管理員でも良いのだが、今一歩コミットしてやってみたい気がある。新築マンションで申し込んだのだが、新築ならば人間関係をゼロから構築できそうなので、前任者のしがらみなしで、入居者とともに互いに育っていく感じは魅力だった。何と言っても新築なら、モラルも上がる。上記のデメリットも覚悟の上で、良い関係を充満、維持していきたいと思った。しかし、そちらは別の人に決まったようで、別のある中古マンションをどうかと言われた。勤務時間は更に短いので魅力だが、やや遠いのと、道路が混雑するし、信号のない交差点が数カ所あるのが難。

 

近くの物件メリット
●近い!交通至便

近くの物件デメリット
●マンションの事が気になる可能性が大(台風、大雨、それ以外・・・)
●お住まいの住民さん(組合さん)と生活範囲が同じになるためプライベートでも意識をする必要があります。それで、結構近くの物件はイヤがる管理員さんがいるようである。

 

来週水曜に返事をと少し考える時間をもらってはいる。どんなしがらみがあるかわからないのも不安だが、魅力的なカードが出るまで待とうかなという気持ちに今は傾きつつある。今後を占う重要な決断である。

Near Naracoorte. Struan House. Struan. When Alexander Robertson married in his seventies his young 29 year old wife jumped to her death from the tower months just months after the marriage in 1929.