にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

iPadをパソコン用途で買おう

f:id:Miketoy:20170917125934j:imageパソコン(6年経ったMacBookAir)の画面を改めて見てみた。何の面白味もない。iPad mini2のタブレットと同じようなアイコンの並ぶ画面だ。もちろんそう設定しているからなのだが。即ち、できることはアプリ毎で基本的には同じ、そのアプリ数の充実度では比べればタブレットが勝る。私のようなシニアには、オフィスソフト以外の特殊なアプリを使うことはないと断言できる。それでも最初の頃は、入力が大変だとか、カットアンドペーストがうまくできないとか、UNDOがいい加減だとか、OSのレベルで注文をつけたいところが多くあった。でも、この頃は、それもだましだまし使うことに慣れてきた。さらに、最近ではキーボードも不要になった。いちいち接続せずに、ソフトキーボードのローマ字入力で入力するようになった。でも、どうしてもタブレットでは動作しないことはある。それは、かつてのパソコンアプリでも機種が異なると互換性のないアプリもあった。その時と似たようなもので、その際は潔く諦める。そう割り切れればもうパソコンは要らない。

 

Appleの今秋の新製品発表会はさほど革新性はなかった。iOS11がiPad mini2は既に導入しているが、それ程のインパクトはない感じだ。f:id:Miketoy:20170924175944j:image

もう一台の古い iPad2の主記憶は0.5Gなのでメモリー不足で遅くて苛立つことも多い。だから、新しいのが出たら買おうかと思っていた。代替機として、今春から発売されているがコスパの良い第5世代の iPadを狙っていた。WiFiモデルで48,800円をアップルストアで購入したものが昨日に到着。もうパソコンは買わないことに決めているから、今後は MacBookairを極力使用せずにこの iPadをパソコン的に使うことを試みる。主記憶は2Gあり、CPUも早いものだ。ディスクは通常なら32GBにするのだが、今後は「Airdrop」を使ってファイル共有をしサーバー的にも使うので大きめの128GBとした。実際はサーバーは iCloudにあり、全てクライアントでバックアップ機の感じかな。

iPadの発売当初は、母艦のパソコン(iTune)がないと何もできないと言われていたが、今はそんな母艦なしでも、WiFiがありさえすれば完結して仕事ができる。使う機種が同じ iOSでバージョンが近ければ、操作性も良いしトラブル回避も容易である。

なお、iPhone8シリーズ以外に iPhoneXも発表された。本体価格は11万円以上する。高価格だが、この手のガジェットは好みもあるので、お好きなようにというしかないが、私は基本的にいつもコスパ重視。だから、普段持ちのAQUOSガラホと iPad mini2、そして自宅置きの今回の iPadの3台構成で、(多分死ぬまで?(笑))いくことだろう。スマートシニアは、そう決めスッキリして今後を歩む。

iPad Desktop™