にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

さぬきうどん第2ラウンド

1ヶ月間でうどん屋に行く頻度は、8月は2回と最低記録だったが9月は6回に増えた。高松市中心部のメジャーなうどん店は行ったような気がして、今は同じ店に再度行くという第2ラウンドに突入した感じである。

まずは相変わらずの「上原屋」だ。何度も行っているが、一度も間違いはないお勧め店だ。今月はここで2回。ワンコインでお釣りがくる一食は嬉しい。この頃は、かけの小とするのが定番だ。なぜなら、うどんは糖質が多いから、節制を保ち減らし、帰ってから野菜などを食べ調整したいからである。

( 9/5牛すじ、タコ天とで ¥530)

f:id:Miketoy:20170930182140j:plain

(9/21 牛すじとで¥350)。

f:id:Miketoy:20170930182130j:plain

でも、うどん単品だと昼御飯には物足りない。サイドディッシュでガツンと行きたいとなると、天ぷらも併せて注文となる。味のついたうどんとしたら、肉どんかカレーうどん、それなら単品でも良い。

それなら、こちらの「綿谷」の肉うどん。肉うどんは店によって価格はかなり変わるが、ここは安くて美味しい。(9/7 ¥420)

f:id:Miketoy:20170930182118j:plain

「女道場」で、カレーうどんを久々に食べた。お薦めの食べ方を聞いたが、まずはネギでそのまま半分くらい食べ、その後はわかめを入れてダシで食べるのが良いとのことだった。(9/14 ¥410)

f:id:Miketoy:20170930182038j:plain

f:id:Miketoy:20170930182045j:plain

「女道場」には、さらにもう一回行った。前回もそうだが、10:30-11:30までに入ると、天ぷらを1つ人サービスだから 。かけ を頼んで、アツアツのエビ天で添え超お得! (9/26 ¥230)

単価が低いと申し訳なく思ったりしたが、ここ高松では、かけ小の200円台で、無料トッピングのネギと天かすなどをたっぷり入れても嫌がられない感じがある(女道場はワカメもある)。以前は かけ なら100円だったようだが、東京なら300円以上、多分400円でも十分に売れるのではないか。

f:id:Miketoy:20170930182224j:plain

「うどん棒」も2回目だ。入り口のタイムランチの小海老の天ぷらが美味しそうに思えた。まさか、ご飯が出てくるとは思わなかった。この手のご飯は要らないので、今後はうどんだけでいきたい。糖質過多であるものの、もったいないので食べた(笑)が、そんな積み重ねは良くはない。(9/28 ¥670)

f:id:Miketoy:20170930181843j:plain