にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

定年後はスポーツクラブへ

スポーツクラブに行くようになって3ヶ月だ。2、3日に一度は通っている。月会費さえ払えば、あとはあまりお金のかからず、開館時間中はずっと居られる養老院的な「社会的な施設」であると実感してきた。健康シニアのライフスタイルが私にも定着してきたようだ。

さて、1月前に、ジムを変えた。以前のところでも似たようなプログラムはあったのだが、30− 45分のサポートプログラムというのがある。体組計のようなもので、筋肉量などを計測した他、今後のトレーニングのアドバイスを受けた。体脂肪はほぼ同じで骨格筋量は減った。タンパク質とミネラルも不足であるので、食生活により注意を払っていこう。一ヶ月後の今日は2回目で、理想体型ではあるが筋肉量は少ない。今後もあと4回の半年間は継続するので有効に活用する機会としたい。f:id:Miketoy:20171011182942j:image

3ヶ月の自覚としては、背筋が伸びて姿勢が良くなった感じがある。それと便通が良くなった感もある。しかし2、3日に一度はマシンを使って筋トレをしていたにも関わらず、筋肉量はかえって減っていたのでがっかり。エアロビクス系スタジオレッスンを楽しんでいるが、今以上の有酸素運動をすると、痩せすぎになる。だから自宅のエアロバイクは全く使わなくなった。そのようにコントロールを試みても体重は減だ。

スタジオレッスンの合間にボーっとしている15分の無駄使い的な時間消費にも慣れてきた。果たしてこれで良いのかなとは疑問には思うのだが、何かやっている感があるので、数時間浸っている。他にすることもないから、これで良しである。

定年後に空虚感を感じるならば、スポーツクラブで身体を動かしながら健康な日々の生活を楽しむことだ。でも以前より思っていたことだが、ジムに車で行ってウォーキングマシンで歩く、階段を使わずにエレベーターに乗るくせにマシンで足の筋トレをするとか、奇妙に感じるのは今も同じである。

LA Sports Club