にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

富裕層が7000万人いる国

富裕層が7000万人いる国、そんなに多い国はあるのだろうか。ある。それは中国だ。ガイドさんの言っていたデータソースからの解釈だが、中国の人口は13億人と日本の10倍だ。富裕層は5%くらいいると言う。13億人 x 5% = 6500万人、四捨五入して7000万人ということだ。定義にもよるだろうが、アメリカやヨーロッパ、中東ではトップクラスの富裕層はいるだろうが、そこまでの富裕層の厚みはないだろう。それだけの数となると、下手な日本国内向け新規商品開発より、そこを狙ったインバウンドの観光産業は、遥かに効率的なビジネスになるのだろうと中国を見直してしまった。

さて、無錫は初めて聞く都市だった。今までに北京、上海、天津は行ったことがあるので、できればそれ以外の中国の都市、そして今日の中国を見てみたかったのだ。ガイドさんは、「無錫旅情」は日本でも有名だと言うが、そんな歌は知らない。というか、それほど気にかけない都市だったということだ。蘇州も同様だが、人口は500万人いるという。江蘇省の第2の都市で南京に次ぐ裕福な人の多いようだ。香川県の面積の2.5倍、人口が5倍になる規模だ。省、市、県の関係、県は市の下位概念だともあらためて知った。

上海から車で3時間、ここで2泊したが、気候や環境から住みやすい街なのだそうだ。そうかなとも思ったが、寒暖の差は日本以上にありそうで、日本がやはり良いなあと思った。でも総合的に見てやはり日本と比べて桁違いの国、特に人口の多さの偉大さを現地に来てあらためて実感し、漢民族にも敬意を払いたいと思った。それだけに、中国に対する評価の一般化は慎重であらねばいけないなとも。

(下から見上げるホテル、53階の部屋からの朝風景、そして夜景)f:id:Miketoy:20171020215032j:imagef:id:Miketoy:20171020215047j:imagef:id:Miketoy:20171020215054j:imageマップアプリによると、上海から西の🔵の位置にある。f:id:Miketoy:20171020214915j:image
今日は、上海ハイアットリージェンシー上海グローバルハーバーに移る。ネットの制限が支障をきたすようになった。googleが撤退しているからだろうか。

撤退させたのは検索事業であり、グーグルは北京や上海、広州にオフィスを残存させているとのことだが、検索だけでなく、Googleアプリは全滅だ。YouTubeなども時計マークでとまらないまま。Gメールにも制限がかかるようで、アカウントエラーとなりメールのチェックができなくて不便だ。Google先生に教えてもらえないと不便であるが不要不急でもない。Yahoo検索に変えてもダメだったが、もっと調べれば検索の抜け穴はあるだろうし、今はWikipedia検索で間に合っているし、多少は不満だが中国系検索エンジンに変えれば良いだろう。f:id:Miketoy:20171020214927j:imagef:id:Miketoy:20171020214935j:imagef:id:Miketoy:20171020214945j:image