にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

中国で爆買い

f:id:Miketoy:20171022160503j:image

国内でも国外の旅行でも、ほとんどお土産を買わない主義なのだが、今回は(私にしては)爆買いしてしまった。ツアーだと、ショッピングタイムが必ずある。今回も、刺繍研究所見学後に玄関用装飾品や、上海でのラテックス寝具店で枕やベッドなどを薦められる。そういうものを購入することはまずない。どうせ捨てざるを得ないものを購入することはないのは、ミニマリスト志向の人間としては当然である。

昨日に台風の中を帰って来たのだが、今回は久々に買うたくさんのお土産は一部濡れてしまった。その内訳だが、第1にシルク工場の見学後にシルクの布団を購入した。13年半前に上海に来た時に勧められて購入したが、良かったのだった。写真がないのだが、その時もこの同じ国営店に来たような覚えが微かにある。

シルクは一生ものだとも言われたが、10年はもったものの、ボロボロになったので引越しの機に捨てている。今回は、その後にカバーなどもつくようになった等々の改善が加えられていることも知り、生きている間のラストワンサイクルとして購入することとした(写真左上、2セット)。

第2には、無錫での太湖名産、淡水真珠工場の見学後のショッピング。VIDDOという保湿クリーム。真珠の粉にはアミノ酸が含まれていて、刺激なく使えお肌の保湿に優しい。それをベースとした化粧クリームで、夜用は高麗人参の銀、朝用はメラニンの排出に効果的な金色の2種類である(写真右上、標準は6つのところを、さらに4つサービス)。真珠を取り巻く環境や特性は日本のそれとはかなり異なるようだ。

f:id:Miketoy:20171022161140j:image

第3には、中国のお菓子。車内販売だ。空港などより安く購入できるというので、月餅や甘栗、お茶ケーキ。別段、配りたい先があるわけでもない。基本的には自分達ようなので、帰ってから試食したが、当たり前ながら余るほどだ。どれも安いからというのが引き金として購入したもの、要らないものは購入していないつもりだが、やはり買い過ぎであろうか。