にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

選挙権行使できる恵まれた国

Hong Kong Umbrella Revolution #umbrellarevolution #umbrellamovement #occupyhk #occupyhongkong

中国から帰国後すぐに、台風の大雨でずぶ濡れの中を(私にとっては高松での初めての)投票に出向いた。ブログ村の60代での新着記事などをみていると投票所に向かった人は多いようで関心も高かったように思う。国民の権利であるこのような私達が当然と思うような選挙のシステムは、(旅行での中国人ガイドさんの話によると)中国にはないようだ。習近平体制の上層部で決められたことを受け容れるしか選択肢はないらしい。そんな民主主義のない国は、北朝鮮やロシア他にも少なからずある。その中国の今はうまく経済が回っているようにも見えるが、今後も果たして継続し続けられるのかは疑問符がつく。新築マンションの過度に思える建設ラッシュを見ると、バブル崩壊を大いに懸念する。もしそうなると、モノや食料品を多く供給している世界中で大きな影響が出るのは必至だ。
中国と比べると、日本では国会議員という間接的関係ながら民主的な選挙によって世の中が動いていく。党首はまだ見える範囲にある。選挙結果は民意でもあるので謙虚に受け止めなくてはならない。

結果的に、国を守る!と言っていた与党が支持されたわけだから、ぜひ言葉通り、北朝鮮からの脅威から守ってもらいたいと願うばかりだ。また、謙虚に丁寧なというのも、実質的な内容を伴った運営をしてもらいたいし、こんどこそきちんと仕事をする内閣であってほしい。

香川県与野党伯仲の接戦で選挙は面白くなっていた。小選挙区での候補者は、アベノミクスの成果は、5年後のこれから香川県にもくる、これからなののだと(明確な根拠を示さずに)主張していた。これも人々がそちらの候補者の言葉を信じたのが多数派との結末だった。次の選挙の時にも、また恩恵はこれからだ・・と同じことは決して言わないでもらいたい。永遠の先送りと反対勢力で憤りをお持ちの方も、これからは後ろばかりを振り返らず、建設的な姿勢で立ち向かってほしい。選挙結果はともかく、日本に住んでいて良かったと思ったことの1つが、この民主主義による投票であるし、それは権利であるとともに国を支えていく責務の側面もあるので、今回行かなかった人にもぜひ大切にしてもらいたいものである。