にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

ちょっと見で若く見えるけど・・

中国に行った後に、体重を測ったら4キロくらい増えていた。スポーツクラブで、脂肪を落とさねば、帰国後毎日通い、少しずつ減ってきている。

さて、そのスポーツクラブのスタジオレッスンで、いろいろなインストラクターのクラスに出た。大体のインストラクターの名前と各自のスタイルを覚えた。言動からすると年代的には30代前半くらいの女性が多く、平均年齢はかなり若いなあという第一印象であった(下記写真はイメージで、本文とは関係ない)。レッスン前には部屋の出入口でウェルカムを、終了時には参加してもらった人達にお礼を言う。近くで見ると、30代は言い過ぎでそれほどではなかった(笑)。至近距離でみたわけではないが、ほとんどが多分40代以上だと思うが、真相は良くわからない。

衆議院選挙の我地区での政治家でも、ほとんどの候補者が私より若い世代となっている。私自身も、今後にもう向こう側のサービス提供側に行くことはないだろうと思っている。娘や息子の世代すら活躍してきたなという風もあるし、彼らでも十分に遂行可能で問題ないし、ある面では優れていたりする。いずれにせよ、60代は引退し、時は40代から50代前半までが全盛の時代になってきた感がこれに限らず街のあちこちに見られるようになっている。

GSMCC Learn-to-curl, 1/13/13