にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

癒しの瀬戸内海の島々

f:id:Miketoy:20171105141610j:image

昨日は「女木島」にツアーに行った。船旅をすると、日帰りでも旅行!という気分になれる。今春に高松に引っ越してきて、7月に小豆島、10月に直島、そして11月に女木島と、高松港から出ている主要3島を制覇したことになる。女木島は桃太郎伝説の鬼ヶ島としても有名な島だ。今回は「鬼ヶ島縦走登山教室」という名称で、快晴の白灯台、タカト山、鷲ヶ峰を歩くことができた。

(鬼の館、鬼ヶ島洞窟)f:id:Miketoy:20171105142601j:image

f:id:Miketoy:20171105142245j:image

このツアーは、一週間前の高松市の広報誌に募集があった。無料の参加費(往復の船代680円は別途支払)と魅力なもので、この手のどのくらいの人が参加するか興味があったが、総勢約80人。NHKの香川ローカルニュースと天気予報は毎日見るのだが、そこでネームバリューのある人の登場。すなわち、「NHK高松の気象予報士中島望さんと歩く」も今回の旅のハイライト。彼女と直接会話ができ、有名人の追っかけマンの気分を味わえた(笑)。瀬戸内海の海は、波も穏やかで、日々の気象情報を見てもいつも波の高さは50センチ以下、内海であるが故だろう。気象に関連した諸解説もあり、とても有意義な1日であった。

(タカト山頂上で地球の温暖化を語る中島さん) f:id:Miketoy:20171105141547j:image

この3日前には、庵治、屋島に半日バイクツーリングで行ってきたが、こちらも瀬戸内海的で良かった。眺めているだけでとても癒される(イサム・ノグチ美術館は入口のみ、石の民族資料館、竹居岬)。

f:id:Miketoy:20171105143230j:image

f:id:Miketoy:20171105143149j:imagef:id:Miketoy:20171105142942j:image
高松港でも空港でも使う移動手段も安定してきた。基本はバイクで移動、非常用に電車とバスの時刻を調べておく。バイクはどこなら無料で駐車可能で、朝夕のラッシュでの混み具合も読めるようになったので、30分程度前に家を出ればなんとか着けるという時間感覚もわかってきている。無料WiFiスポットの場所も、大分わかってきて一時的なネット接続も支障なし。高松は、海から山、そして温泉までありで、それも半日あれば行けるアクセスの良さは狭い県であるが故だろうが、素晴らしいと思っている。その中で、瀬戸内海は眺めているだけでとても癒される場、他所の県から来た人にとって別格で魅力的な場である。

 

その日のうちの追記: この日の「ユウロクカガワ」NHKテレビで集合写真が放映されていた。私はこの会に参加しているわけではないのだが、この中のどこかにいる。f:id:Miketoy:20171106203342j:image