にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

プリンターも断捨離

要らなくなったのは手帳だけではない。プリンターもだ。約4年使っていて、全くダメというわけでもないのだが、自分用のメモならともかく、人様に提出するには耐えないものになった。でも、もう買い替えはしない。ソフトウェア的には、認識していて全く問題ないし、スキャナの用途もある複合機だが、カメラで撮してもそこそこ文字の判別はできる。消耗品維持費もかかる割に、使うことは少ない。カラーのカートリッジなどは、年に一度の年賀状のためだけのようなもの。カートリッジを買いだめしておいたのが無駄になったが、やむを得ない。そもそも私は年賀状を出さない、てかメールで済ます。年賀状にこだわる人は、紙という媒体にこだわるのだと思う。相手の生存情報や近況報告という意味では、機能的には年賀メールで十分なはずだ。と割り切れるは、ドライな人と思われるだろうが、実際、私はドライな人間だからそれでも良い。何事もトレードオフはあるものだ。

Counting stupid things

プリンターなしだからと言って大したスペース節約にもならないが、より身軽になった。次に要らなくなるのは、パソコン。プリンターと同じで、使えないわけではないが、もうほとんど使っていない。
今後に印刷の必要があればコンビニプリントで済ますことにした。各コンビニで色々あるようだが、十分に代替できそうなので、タブレットが1台さえあれば良いので身軽だということ。タブレットWiFiモデルの5万円を想定し、5年に一度は買い換えると仮定して、年平均に1万円ととても安いものである。我が家のIT関連の費用はそんなものであるが、ITにある程度強くないと、この種の断捨離は難しいかもしれない。