にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

エアコン暖房は人を追いかける

このところ寒い日が続いている。昨日はこの冬で初めてエアコン暖房を入れた。朝起きて最初はそれほどでもないのだが、5時から6時近くになるとだんだんと底冷えしてくる。室外は7度、室内14度であった。一応、室温16度をエアコンオンの目安としているから、もうつけても良い頃だろう。

このエアコンは、AI機能つきである。導入時に検討したポイントはそれで、その機能の最も優れたものに思えたのが日立の白くまくんシリーズだった。ひと識別ということで、部屋にいる一人ひとりの在室時間と、体感温度の変化を見守るという。冷やしたり暖めすぎないように上下左右風向板と目標にする温度を調整するらしい。エアコン本体価格は高めだったが、長く使うのならば、1年あたり費用は平滑化されて、それほどでもないだろうということで。居間にいると、ちょっと別の場所のモノを取りに行ったりする頻度は多い。するとAIカメラで人を追いかけて、そこに暖気を送ってくれているような気がして心地良い。

あともう1つ期待しているのは、床暖機能だ。足もと温度を36度位にするよう暖気を送風してくるようだが出番はまだだ。床暖房がエアコンにより代替できるとしたら、大掛かりな設備が不要になり、コスパも優れて画期的である。

やはり暖房の電気代が冷房より随分かかるなという印象であるが、データは収集し始めたばかりなので、後日にまた整理して記事にしたい。

 

(エアコン成約時に、下の白くまくんのぬいぐるみを可愛いのでもらったが一度も開けていない。猫に小判。欲しい人は探せばいるのだろうからプレゼントしたいが、こういう装飾品を貯めておくと不用品だらけの家になるので注意が必要だ。) f:id:Miketoy:20171120172421j:image