にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

医療費貢献で感謝状を!

高松に引越してきて、初めて病院にかかった。シモヤケで手の指の関節が赤く腫れる。今年は寒いからしかたないとは思ったものの、今まではこんな早くから症状は出ていなかった。高松市は暖かいから、シモヤケだ症状のでないことを期待していたが甘かった。

当初は、医者にかかるのは億劫だったので、薬局に行ってそれらしい薬を買うつもりだったが、適当なのがなかった。やむなく、かかりつけ医とすべく、ご近所の病院にかかった。若いさぬきネイティヴらしい気さくな先生だった。初診料と診察料で1050円、薬390円だ。薬屋で、素人判断で買うよりは、適切で安くなっているはずだ。ただ、ユベラ軟膏を出してもらったが、あまり効かない。以前のネリゾナ 軟膏が残っていたので、それをつけたら痛みは和らいできたところ。

今年に妻のかかった医療費は年総額で約4万円、私は年初の眼科の定期検診とこの2件で約4千円である。3割負担だから、実際には4.4万円の約3.3倍で 約14.5万円。同年代よりはるかに医療費フレンドリーであると思う。私1人なら(若い頃から殆ど年額数千円程度の医療費ばかりだったから)、支払っている年額33.6万円余りの医療保険料からすると感謝状か勲章ものであるはずだ(笑)。

Dr Fixit is on the Job / Alternate title The Proctologist