にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アドラーなスマートシニア活動記

嫌われる勇気と幸せになる勇気を持ちたいエコピープル 福祉住環境コーディネーター Miketoyの85点人生のライフログ

わが家で最期を

昨年暮れに、図書館で10冊の本を借りてきて目を通したのだが、そのうちのいくつかを紹介。「わが家で最期を」という在宅看取り医の千場純さんの書いたもの。

わが家で最期を。: 家族の看取り、自分の”そのとき”に後悔しない50の心得

 「一生お金に困らない個人投資家という生き方」という本も流し読みした。

一生お金に困らない個人投資家という生き方

タイトルは、看板であり、一言の要約でもある。どの本も魅力的なタイトルという感じで、タイトルをつける人を尊敬する。ブログ記事も同様であろうから、魅力的なタイトルをつけることを私も学ばなくてはいけないが、ついている著書名を超えるタイトルに磨き上げられるほど言葉のセンスが良くないので、敬意も評しながらそのままの記事タイトルにしている(笑)。この手の生き方本は、どうしても自分の事例を一般化しすぎる傾向にある。ある意味では自信の裏返しではあるとも言えるのだが、価値観は人それぞれ、そこに共鳴できないと押し付け的に感じられてしまうだろう。私も注意しなくてはいけない。体調も回復しつつあるので、昨日は今年初めてのスポーツクラブに参加後に、また本を目一杯借りてきて、今読んでいるところである。