にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

後悔しない中古マンションの選択

〔2017~2018年版〕30年後に絶対後悔しない中古マンションの選び方

「30年後に絶対後悔しない中古マンションの選び方」 、これまた魅力的なタイトル本だ。誰しも、後々になって後悔する選択はしたくない。30年と書いてあるが、人生の残り時間は少なくなっているし、遠くない先に戸建もマンションを取り巻く不動産事情も激変しているだろうから20年で良い(笑)。最後は病院か施設だと覚悟するならば、10年でも良いかもしれない。

今後のマンションバブルは大いにあり得そうなので、そのような不動産業界の変化に対応すべく、できるだけ新しい本を読むのが良いだろう。併せて重要なことの1つは、この本にも書いてあるが、新耐震基準の1983年以降の物件を選ぶ、これは市場性の意味からも押さえておきたいところだ。私がこの本で学んだことは、遮音性だ。見落としがちだが、最近のマンション床スラブの厚みを200ミリ程度にして遮音性を高めているが、20年前位の物件になると150ミリ程度が通常、避けるべしと書いてある(家人に音に神経質な人がいる場合には考慮が必要ということ)。

f:id:Miketoy:20180104073844j:image

今までの記事で触れたことも何度かあるが、私の住んでいるのは古いマンションなので、その関連の近隣問題で今も悩んでいる。その手のことは、本には書ききれない個別の住環境事例だ。周囲がマナーの良い人ばかりだと問題にもならないのだろうが、変な人がいると音漏れ問題はとても厄介な、かつ構造的な問題でもある。購入価格のことを言わなければ、その種の対策のとられている新築マンションのほうが優れているのは明らかである。