にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

定年後に読みたい文庫100冊

「定年後」本の批判で話題にもなっている勢古浩爾氏の著作を図書館で借りて読んだ。多くある氏の関連本のうちの1つが「定年後7年目のリアル」だ。

文庫 定年後7年目のリアル (草思社文庫)

アマゾンの書評を見てみたが、あまり良くはないが、私は悪くはないと思う。マイペースで静かな生活こそ、白いご飯のように飽きが来ない、何をしても良いし何もしなくても良いとの氏の主張は理解できる。特に最終章の「生きていることはじんわりと心地よし」は、そこだけ取り出せば、私的には★★★★★である(他の章は★★★なので、全体的には★★★★)。“What a wonderful world” の世界は大いに共感する。また、一昨日の記事の孫引き引用もこの本のその章にある。

 

読み終えて不思議に思ったことだが、定年後の話に節約っぽい話題や年金のことに全く触れていないこと。定年後にはとても重要な生活基盤と思うが、この人は何故それができるの? 何者?という疑問がわいた。そのプロフィールをざっと眺めれば、この頃はその人の老後生活の想像がある程度できるようになった。と言うのは、どういう職場に何年くらい勤続したがで、年金額や退職金は大体想像がつくようになってきたからだ。結論を言うならば、この人は団塊世代で年金的には勝ち組だ。長年の会社を勤め上げたわけだから退職金も十分に出ているだろうし、生活基盤が満たされ全く心配がない人と推測できる。だから、日々の細々とした生活が確立していることを前提にして、その上位レベルの「何をしても良いし何もしなくても良い」のだろう。そういうことがわかると噛みつく人もいるだろうが、妬んではいけない。

私がその後にわかったことは、この人は決して先延ばし、グータラな人ではなく読書家で、「読書」が中核にある人だろうということ。そして、読むだけでなく、書くことも楽しみながらできているので、敬意を表し直したくらいだ。

文庫 定年後に読みたい文庫100冊 (草思社文庫)

ただ、私この定年後に読みたい文庫100冊の中に読みたい本は残念ながら一冊もなかった(笑)。私の読むジャンルは、かなり偏りがあるということを再認識した。また、電子書籍は本ではない、文章が読める機械であって本ではないと仰るが、私が何かを言っても余計なおせっかいであろうし、それは互いの見解の相違である。その種の見解の相違は随所にあるのだが、他の人や本を貶めるのではなく、どうぞご自由にという態度である。私と同じスタンスであり、依怙地ではないように感じる。この人は私とはベクトルの向きは異なりさえすれど、じんわりと心地よく最期までいくのだろう。私も同様に85点を維持したまま心地よくいきたい。