にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

市の公募委員は不採用

昨年のプロジェクトの一つ、転居してきた高松市に貢献しようと「コンパクト・エコシティ推進」を掲げ、何か今後に接点がないか注視しようと、その年初より意識していた。9月に市の広報誌で、高松市民の地球温暖化対策実行計画推進協議会(長い!お役所的‼︎)とコンパクトエコシティ推進懇談会委員の公募募集があり、良い機会と思い応募した。市のブレーンになる無償のボランティアのようなものと想像していた。面接の感触は悪くなかった印象だったが、結果的に両方とも不採用。

その後に、NHKのローカルテレビ番組などでも、市のクールチョイスとして選択の重要性を説いている。御縁がなかったとは言え、もしかしたらこういった関係の仕事に携わっていたかなという思いがある。志のある一般市民をうまく活用できないのは社会的損失と思い残念であるが、多くの方の応募があり、総合的にもっと優秀な方を選んだのだろう。再度チャレンジをしても採用見込は不明だから、応募するつもりはなく、今後に私の市政と関連した出番はまずないだろう。

再来週に「節約セミナー」の省エネスクール住宅編イベントという催しがある。連日新聞広告紙面を使って、たかまつ cool choice キャンペーンで50名の事前予約の参加者募集しているが、定員が埋まらないのだろうか。想像するにほとんどインパクトを与えない催しだと思うが、私は少なくともそれには参加し、高松の今後の活動を見守りたいと思っている。

DSC_0423