にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフログ。 “丁寧な生活” を目指すライフスタイル

うどん県のラーメン、その後

f:id:Miketoy:20180115155051j:image300円相当のチラシの割引券があったので、今月13日に高松に来て初めてラーメン屋(丸源)にも行ってみた。

満腹にはなるとしても味も濃すぎる。餃子は焦げすぎ(笑)。また、重い食事だが、それだけでは何か物足りなく、バランス感覚に欠ける感じ。2回目に17日に行った時は坦々麺と餃子にしたが、もうラーメンの外食は年内は遠慮という感じだ。ラーメンは飽きるが、うどんに関してはそうはならない。

やはり、高松での麺ものはうどん。月平均で3回くらい行くが、さほど飽きがこない。野菜不足を気にする人は、別の意味での物足りなさを感じるかもしれないが、しっぽくうどんをどうぞ。

これだけ熱を入れているうどんだが、もし東京圏に戻ったりしたら、途端に行かなくなるだろうことは確実だ。その理由は、適当なうどん屋がないからで、代わりと言っては何だがラーメン屋の美味しい所は多いので、ラーメン屋に行くだろう。東京圏でも身近なところに美味しいうどん屋があれば、きっと行くと思う。逆に言うならば、うどんビジネスの潜在需要は大きいはずだ。 香川県でよく言われることだが、いろいろなバリエーションを持つ個性的なうどん屋が多く、近場に存在すること、そしてどこも美味しいこと、香川県に住んでいて幸せに思う うどん風景である。

実は 約10ヶ月前にも別の郊外に行っていたので厳密に言うと今回は2回目、そこではラーメンらしいものではなく「中華そば」といっていた。