にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

恥ずかしい想い

Shame!

エアロビクスのレッスンに参加をしている。先日に、中級と思われるあるクラスに参加したら、途中から全くついていけなくなった。その先生は別の初級クラスで一回は参加していたのだが、ツイストや回転を良くやるインストラクターだなとは思っていた。

ウオーミングアップはついていけた。目立たないように最後列に陣取っていたが、先生の模範演技の足のステップが良く見えにくい。メインパートでも、インストラクターに向かって身体を動かしているときは、まだ良い。時に、後ろを向いて180度、あるいは360度回転の動きをとったりすると当然ながら模範演技は見えなくなるし、しばしば他者と目が合ってしまい気まずい(笑)。私の苦手とするところだが、これは別のステップ台を使うレッスンでも同様だ。台を超える足の動きとなると位置関係が混乱し、バランス感覚も乱れ、頭が真っ白で固まってしまい、見ているだけのこともあった。ここでも、他の人は皆綺麗に踊っているのに、私だけできない。先生が近づいてきて、何度もガイドのようにしてくれるのだが、もともと物覚えが良くない。身体が納得するまで動作が決まらないのだ。途中からリタイア、時間は通常より長いクラスで、とても恥ずかしい思いで、クラスから逃げ出したい気分だった。

半年もエアロビクスをやっているのに、いつまでも初心者の域を脱せられず、なかなか上達していないことを再認識させられ落ち込んだ。短期記憶が弱いのは認識している。手足のコンビネーションで混乱するのもわかっている。手はオプションとううことがわかってきたので、それは無視だ。すぐに前にやっていたパートの順番をすぐに忘れてしまう。

それ以降に、恥をかいたそのクラスには参加していない。高望みせず、初級クラスのみで楽しくこなせるレベルで継続するのが良いのかなと思っているが、このままでは負け犬で悔しいとの意識もあり、いつの日か再チャレンジを試みるかもしれない。