にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

健康保険はどこがお得か

Health

現役で働いている時に、健康保険に関する選択肢はなかった。強制的に勤務先指定の健保組合に入るようなものであった。退職直後は住民税も前年の収入がベースになるから負担は大きいし、現役並みの社会保険料を支払わねばならない。一方で、退職した身では、いくつかの選択肢がある。健康保険のシステムも、年金ほどではないにしろ複雑だ。任意継続や国民健康保険、家族の扶養など、どこに加入するのが有利か比較するのは決して容易ではない。社会保険もある意味では税金だから、節税対策のような位置付けとも言えるから、ベストな選択をという地道な積み重ねが重要になるだろう。

 

私は今年度、健康保険料を約33万円と介護保険料約4.8万円を支払っている。確定申告では社会保険料控除で所得からその額が差し引かれるが、それでもこの金額の負担はあまりにも大きい。月払いなら両方で3.2万円、一括年払いにしているので、多少割引された金額ではあるが、それでも高い。加入したのは、以前に勤めていた会社の特例退職者医療制度の条件を満たせていたので、これは「特例」というくらいだから、加入がお得なはずと信じていたためだ。実際は、昨年1年間の医療保険支払いは、私ゼロ、妻約5万円だ。3割利用者負担で、健保組合負担9.7万円なので、健保分の28.8万円を支払いしている。本部機能の上乗せ分があるとしても、単純に考えて健保組合に対して約3倍もの貢献をしていることになる。

f:id:Miketoy:20180111152946j:image

この健保を見直しをしようかなと思ったきっかけは、昨年の年金事務所での相談がきっかけだ。退職後の再就職先では給与所得が低くなるだろうし、その雇用先の健保に加入できれば健康保険料負担もそれに連動して最低レベルで済む。その会社を退職後は、今度は任意継続でなくても国民健康保険に入れば健保負担は軽減できる(高松市は市民税もそうだが国保も夫婦2人、固定資産の有無も関係してきて高い)。

だから、勤務先の健康保険に入るというのは魅力的なシナリオだ。所得は下がり、それに対応した健康保険料となると、負担月額5千円弱程度のはず。ということで、そちらに乗り換えられればベストな選択なはずだった。しかし労働時間の関係で、健保組合に入る条件を満たさないとのことであった。でももっと長い時間拘束はされたくないこともあり、そこでの健保加入は諦める。結論的には割高だが今の退職者医療制度のまま継続して利用する。後期高齢者になればこの退職者医療制度からも脱会となり、国民健康保険に変わるので、(それまで生きているか不明だが(笑))あと10年の辛抱である。