にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

ガラホは強力なAndroidマシン

未だパソコンで四苦八苦している人も多いが、一般的なメールやウェブ中心の使い方ならば、タブレットでこなすほうが価格的にも使い勝手の観点からもずっと利便性は高いはずだ。そう思うのは今も同じだが、このところ少し考えが変わってきた。

ちょっとした日常での利用なら、ポケットサイズの電話マシンの「ガラホ」の方がタブレットより、さらに良いのでは?という気もしてきたのだ。持ち運びはさらに容易、1週間くらいならバッテリーも気にしないで良いからである。今のガラホは全て、アンドロイドマシンであるから、将来なくなる不安は少ないと言えよう。アプリのダウンロードもできるようだ。文字種の切替はやや疲れるが、基本的に操作は携帯型のキーボードでできるし、ガラホ世代になってからはタッチ操作もできる。そのタッチ操作は慣れるまで大変だったが、やっと反応させるコツがわかってきた。パソコンのクリックやタブレットのタッチのようにしっかりと触らずに、軽くタッチして、素早く手を離すのがコツとわかってきた。

よく使うアプリをデスクトップに置くものであるから、それを見れば容易に想像がつく。メールとウェブ、乗換えや地図アプリ、ちょっとしたメモ、カメラ、カレンダー確認、時計、万歩計、テレビやラジオ、電卓、音声レコーダー。これらが、Androidのアプリで統一的にできるわけだ。知的な動線を考えると日常使いはそんなもので、これらアプリで十分ということになる。ケータイサイズの小さなマシンに凝縮されたAndroidで、良く使う機能が果たせるのは素晴らしいことだ。

f:id:Miketoy:20180316162314p:image

Androidマシンといえども小さなサイズだから全ての操作がやりやすいわけではないし、複雑な機能はできないと考えた方が良い。だから、ブログの細かな編集や修正作業などは、パソコンかタブレットと棲みわけすれば良い。どうしても1台で済ませたいならそれらを使えば良いだけのことだが、一般人の軽いユーザーは、このAndroidマシンで事足りるのではないかな。もう少し、試行錯誤の探究を続けたいし、次回のプライベート用の機種への買い換えが楽しみになってきた。