にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

エコ生活はウケない

91957046

ソニー生命保険による都道府県別の意識調査によると、「自分が倹約家だと思う」と答えた割合の最も多かったのが大阪(68%)、東京、愛知、鳥取、千葉、福井と続くようだ。浪費家だと思うは沖縄県がトップで44%だという。香川県は倹約家は 51%で30位、浪費家は30%で24位のようだ。

私は言うまでもなく倹約家である。このブログは、下の方のアイコンを見てもらえればわかるように、参加カテゴリーは「エコ」と「60代」のライフスタイル関連の2つの分野に登録している。その1つは60代日記(とは言え、いつもランキング位置は次のページをめくらなければ出てこない50位以下をさまよっている)、その60代日記は関心を持つ同年代の閲覧母数が多いせいか、アクセス数的には主力で稼ぎ頭であるので、割り振りは60%以上。例えば年金の話題や他人の財布の話となると、途端にアクセス数は伸びる(笑)。これはわかる。

一方、「エコ」は登録しているものの、エコに関して啓蒙する記事を書いても、母数が桁違いに少ないせいかアクセスは多くはないのが常だ。私も登録はしているが割り振りは10%であり、そこからの閲覧は期待していない。60代日記で稼ぎ、エコ分野に配分しているという感じだろう。エコ分野では比較的上位に位置しているものの、エコの記事を書くと、そのカテゴリーにおいてすら順位が下がるという矛盾がある(笑)。それだけエコに関する話題は、一般の方の関心は薄いのだろうが、倹約や節約系の話となると、これまた閲覧者は多くなるようだ。エコは、エコロジカルよりエコノミカル優勢になっているのだろう。

 

一般人と同様に関心の少ないのは身内でも同じ。私はコンパクトなエコ生活を謳うことにして、実際にそうしているのだが、私の子供達にもウケない。父親のエコな主義主張に、反発すらする。エコの好きな人は勝手にすれば・・、私は関係ないけどというのが、一般的な受け止め方なのだろうと思う。そこで深入りの議論をすると人間関係が悪化するから、私もその話題は避けて通る。他の分野(たとえば、アドラー心理学的な生き方)でも同じだ。永遠に少数派であるかもしれないが、それは仕方ないことと肯定的に諦めているが、ともかく「エコ」は典型的な例の1つであろう。

 

私はブログの解説で示しているようにエコピープルである。この先にスキルアップのための「エコリーダー」というのがあることを知った。下記の公式テキストは良い本とは思うが、資格を取ったとて何ら展望がないので、私がするのはこの本を読む程度でおしまいである。世の中は一時グリーン旋風があったが、今は逆風のようだ。それまで地球が持つかどうかわからないけれど、気長に継続していかなければならない。

“住環境”エコリーダーになろう (エコリーダー公式テキスト)