にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

私は〇〇するために生まれた

衝撃的な言葉に出会った。「私は〇〇するために、この世に生まれた」の〇〇に当てはまる言葉を考えてみてくださいというものだ(言うまでもないが2文字にする必要はない)。榎本英剛著の「本当の仕事」の本の中にあるワークの1つである。

本当の仕事  自分に嘘をつかない生き方・働き方

いきなりその哲学的な〇〇へは到達しにくいので、次の□の空欄に当てはまる純粋意欲がヒントになるかもしれない。その□の純粋意欲の流れていく先に、〇〇の存在意義はあるものだとしている。

私は□したい。
私は□するのが好きだ
私は□していると楽しい
私は□に興味がある
私はずっと□していても飽きない
私は気がついたら□していることがある。

アドラー心理学の目的論と同様な考え方だが、そちらでは目的は自分ではわかる必要は必ずしもないとしている。本ブログ記事にお立ち寄りいただいた読者の方もこの機会に、じっくりと思索されることをお勧めしたい。

これで私が思い出すのが、Age35というドラマだ。『ビッグコミック』に1994年から1995年にかけて連載された柴門ふみの漫画をもとに、1996年にフジテレビで『Age,35 恋しくて』としてテレビドラマ化されたものだ。田中美佐子役が椎名ごんぺい役を想い、「私はあの人と出会うために生まれてきたの」というくだりだ。〇〇は彼と出会うため、運命的でとてもインパクトがある言葉だなと当時も思った。霊的でもあり本当かいなとは思わなくもないが、願わくば、その気持ちが永遠に続いて欲しい。相方は、そう言われると返す言葉がなく、ただ受け容れるしかない。決断を後押しするような勇気の出る言葉だと思う。

f:id:Miketoy:20180425045908j:image

ここで言いたいのは、そういう関係性の話ではないのだが(笑)、私も振り返って、私の場合の存在価値は何なのかなと、(存在価値などなくても良いという考えもあるだろうが)この歳になって考えた。ブログのタイトルなどに含まれるキーワードはその手がかりの1つだ。エコ、節約?少し違う。コンパクト、より近い。IT、アドラー、やはり違う。シニア、最近こそそうではあるが違う。そしてわかった。私の場合の〇〇。 多分、「計画」だ。全ての活動の共通部分をとるとそれということになる。それに関しては、ブログネタがなくなってきたら(笑)、また書こうと思う。