にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

シニアならマンション管理員

私はリタイアしたシニアにとってはマンション管理員は良い仕事ではないかと思っている(但し、私のような単独仕事を好む人の場合)。年齢的には、現役終了直後の健康的な同年代が多いのも頷ける。

東京圏でのマンション管理員の求人の仕事を探していた時は、隔週で土曜とか、日曜出勤もあり、拘束時間も長くて、あまり魅力的な仕事とは思えなかった(管理会社にもよるだろうし、実際には他にいろいろな要因もあるのだろうけれど)。

 

求人などをみてみると、高松市のマンション管理員は土日祭日は休みのところが多いようだ。時給は安いが、私は気にしない。自分に合った、家から近いところに仕事があるだけで嬉しい。

小規模マンションなら勤務開始時間は9時から12時までの3時間のこともあれば、昼過ぎ1時までの4時間のこともある。8時開始のところもある。中規模となると勤務時間は増える。5時間勤務となると、通常は9時始まりなので、午後までかかり昼休みの1時間で、午後3時まで拘束、4時まで、場合によっては5時まで、時には7時までの物件もある。

県都にあるマンションだと、中小規模マンションだろうから、そんな短時間勤務ができるのではないか。でも物件で色々異なるので、たまたまどのようなところに従事するかで、幸せにも不幸にもなる。幸い私は、物件の多い都市中心部にいて、派遣社員として待機モードで、(勤務時間の短く年金カットなしの無税の範囲、歩いて通える所と)狙いを定めていたから、欲しい獲物をゲットできた。今までの職業生活でもそうなのだが、仕事運はいつも恵まれ(現状肯定的に考えようという生活態度もあると思うが)、幸運であったと思っている。

_IGP6177