にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

交渉上手なトランプ氏

米朝首脳会談の行方を関心を持って見守っていた。この交渉は当初は北朝鮮ペースで動いていたが、彼らのいつもの常套手段は通用しなかったようだ。米中のつばぜり合いもあるのだろうが、切るべき適当なタイミングを見て、戦略的にバサッと切る。この手の駆け引きはアメリカ人の最も得意とするところ、特にトランプ氏の腕は流石だ。大嫌いな男なのだが、このことに関しては頼もしく思っている。

トランプ米大統領が24日、6月12日の米朝首脳会談の中止を決めた。中国の後ろ盾を得た北朝鮮に「完全な非核化」を受け入れる意思はないとみて、時間稼ぎに持ち込む展開を遮断する反撃に出た。

・・・

北朝鮮は対話が途絶えると、軍事挑発行為に訴えて関係国との協議を優位に進めようとしてきた。だが相手は常識のモノサシでは行動を予測できないトランプ氏。「米軍は必要なら対応をとる準備がある」。トランプ氏は北朝鮮への最大限の圧力を維持するとともに、再び軍事オプションの警告も発している。

 

金正恩が悪者となれば、世は雪崩を打ったようにバッシングだ。でも、見えるようになってきた。氏は中国の一省として認められるのなら、中国の傘下になるのも悪くないと思っているかもしれない。日本や韓国はハナから相手にしていない。ともかく、大国のアメリカや中国から愛して欲しいと言っている駄々っ子なのだ(笑)。この場に及んで、日本は蚊帳の外とか日本の立場などと言わない方が良い。そりゃそうだろう。これは米朝のゲーム。お互いに相手に再考の機会を与えると上から目線だが(笑)、外野から楽しく見物させてもらうしかない。

hate