にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

スマートシティも良いが、やはり終の住処

図書館に行って、街づくりの本を借りてきて読み終えた。名乗りを上げている市はいくつかあるが、私の住む高松市コンパクトシティを目指すとしている。そのあたりの実態を把握したいと思い、数冊読んでみた。

必要要件の1つ、市民レベルでの参画という段階よりはるか前の段階で足踏みしているような気がする。先端技術で、他の地域と競うより、香川県高松市ならば、コンパクトを売りに一点突破でいったほうが、市の戦略としては望ましいのではないだろうか。私としては、如何に高松に誘致を促進するかと言ったあらかじめの「答え」を持って押していく、移住促進プロジェクトには全く関心がない。それは市や県がやれば良いとすら思うくらいで地域愛が強いわけではないこともあり、そこに参画するつもりは今はできていない。

図解 スマートシティ・環境未来都市 早わかり (1時間でわかる)

コンパクトなまちづくり―改正まちづくり三法による都市構造改革

エコまち塾

こんなまちに住みたいナ: 絵本が育む暮らし・まちづくりの発想

「大学町」出現---近代都市計画の錬金術 (河出ブックス)

私の生きているうちに、どこかがコンパクトシティとして出現することはないだろう。私はそういうことでなく、もっと身近なできること、手応えのあることをやって精一杯で時間切れであろう。仕事も住宅産業のうちの1つ、もっと具体的な、自分だけでなく関係する人たちも含めた心地よい住処は如何にしたら実現できるかが今後もテーマとなりうるもの、こちらに注力したい。

このところニュースは連日、米朝首脳会談がカウントダウンモードで報じているが、トランプ氏のような時代に逆行しているとすら思えるようなリーダーが出現すると、スマートシティの実現はさらに遅れるようになるだろう。

住宅業界のしくみ (図解雑学)

建築材料が一番わかる (しくみ図解)

終の住処を探して