にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

無造作に置かれた15000円の小遣い

今日から7月、1年の半分が過ぎた。今後もこのまま平和な生活が続いて欲しいが、どうなることか。

さて、6月分の基本生活費は総計で14万円であるが、先日の私の下記ブログ記事のその後だ。

妻は読んだ後に、既におろしていた分を、無造作に「今月分のこれを返す」ときた。「どう考えているの?」と聞いたのだが、まともな返事はなく、今もテーブルに置かれたままである。f:id:Miketoy:20180628162126j:image

それはさておき、6月分の内訳を示す。エアコン冷暖房や冬の給湯の多い時期と比べれば、今の時期は光熱費は4〜5000円安いので当然と言えば当然である。(夫婦2人暮らし生活、以下示す 数値の単位の円は省略)。

 

食費  54,000

外食費 3,800


水道代    0

電気代(152kw)    3,808

ガス代 (12立米)    4,135


情報代 (新聞、雑誌、NHK) 4,800

通信費 (ガラホ & Wimax2) 5,600
交通関連 (月換算バイク保険、軽自動車税、ガソリン 3L@147) 1,900

 

日用品等  500

被服費 4,300

衛生     1,400

医療費  2,900

 

家庭維持修理費 5,000

ガーデニング関連  6,400
妻小遣い 15,000?  ←   扱い不明  

夫小遣い 6,600

マンション管理費 20,000

ーーーーーーーーーーーーーーー

合計 約140,000円

 

これ以外の特別費が 10.4 万円。リフォーム代(ベランダ関連で、花台と床タイルで約4.4万円)、損金(アマゾン 返送料 0.7万円)、住民税5.3万円である。