にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

鳥のさえずり

早朝に起き、5時前に新聞を取りに行く。その時に、外でピヨピヨと鳥のさえずりが聞こえる。蒸し暑い夏といえども多少は涼しい朝、そんな鳥の鳴き声を聴くと、ああいいひと時だなと思う。

では、カラスはどうだ。ゴミ収集日を狙ってゴミ袋を突つき食い荒らす。鳴き声も大きくて憎たらしくも感じる。鳩はどうか。以前は鳴き声も外観も可愛い鳥だと思っていたが、このところ考えは変わった。我家というわけではないのだが、職場のマンションで毎朝、糞の処理をする。不快であろうから措置するのだが、乾いていたらまだしも、濡れている状態で掃こうとすると箒にまとわりついて大変だ。病原菌も多いと言われるので、その箒の後の手入れも大変になる。犯人は鳩のようだ。鳩は人気のないところに巣を作るという。苦情があったため、ある不在がちな入居人のベランダに入らせてもらった。すると、ベランダのエアコン室外機の裏側に、ワラの巣と日常的に目にするような「卵」が数個あったのに驚いた。その階下に、その糞は多く落ちていた。

ヒトの糞のトイレ掃除だけで十分である(笑)。今まで、あまり意識していなかったのだが、この手のものは誰かが掃除をして維持してくれていたのだなと思った。

自分の家のベランダに毎度のように糞をされるのは心穏やかではないだろう。鳥などいない方が良い、鳴き声はデジタルで聞くから、とすら思ってしまう。人間の御都合主義はゲンキンなものである。

HATO