にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

大雨警報でもバイクでエアロへ

大雨警報も出て、各地で土砂崩れが相次ぎ、避難勧告や避難指示が出されたところもある。今朝6時の全国ニュースを聞いていても、割り込みで四国のローカルニュースの避難情報が入るくらいだ。下記はケイタイへの避難情報で、一昨日から立て続けである。f:id:Miketoy:20180707061406j:image

昨夜も深夜1時と3時の2回、警報がなって起こされた。内容はこんな感じである。f:id:Miketoy:20180707061441j:image

 

ネットで調べると、避難に対する考えに空間軸、時間軸の観点と避難先の3つ観点があるとしている。個々の要素は下図で出尽くしている。f:id:Miketoy:20180707061921j:image

垂直避難は頑丈な建物の2階以上に避難すると良いというのだが、地震を含めた災害でも、マンションに住まうということは安心だ。外出せずマンション内に留まっているのが最も安全と言えるのだろう。私は外出時に(上図の屋外例)、その手のことに遭遇すれば、とりあえずは近くのしっかりとした作りのマンションに逃げ込み、次に来る救いの手を待つと思う。

 

さて、そんな警報の出ている中でも、スポーツクラブでエアロビクスをするために、(昨日もそうだが)仕事を終えてバイクに乗って出かけた。この頃は、どんなに厳しい土砂降りの雨でも、レインコートを着て、目的地まで行くようになった。電車に乗らないこともあるが、傘をさす頻度は桁違いに少なくなった。今の時期は冷たい雨ではないので、びしょ濡れになっても不快さは相対的に少ない。道路は整備されているものの、普段より滑りやすいことを十分に意識して注意して乗らねばならない。当地の今日からは小降りになっていく模様だ。各地でも大きな被害が出ていないことを祈りたい。

Keeping Dry