にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

掃除は3分で済む?

通勤途上で、昨日紹介した「赤外線温度計」でアスファルトの街中の道路の温度を測ったら、朝の9時前の日陰で32度、日向では45度あった。この程度なら、日陰なら散歩も問題ないだろう。それが昼の1時過ぎには、日向で55〜60度、日陰でも45度であった。車の中の温度も50〜70度と言われるから似たようなものであるが、そちらはドアを開けエアコンをつけるだろうが、道路にエアコンは無理(笑)。そのまま長時間を歩き続けると危険だということがわかるので、炎天下を歩くのはできるだけ控えよう。日陰に行くだけで10度近く道路の温度は下がるので、私達は本能的に日陰に移動するが、それでも熱すぎる風呂に入っているようなものだ。

仕事の現場も35度越えである。こちらも被災地並みに、20分仕事をしたら10分休みたいが、日陰なだけマシ。そんなことを言ったら罰が当たる。外回りの周囲の掃除もあるが、基本的に内向きの仕事だが、これだけ暑いと体力を消耗し、危険でもある。休憩なしの通しの勤務であるが、気象予報士の言うようにこまめに水分補給をしながら何とか掃除仕事をこなしている。そのせいもあり、他の季節と比べると気持ちも散漫になり、仕事の能率も明らかに落ちてくる。

さて、その掃除空間は広いが、逆説的だが、空間が広いと能率よくなり、単位面積当たりは早く済む。何もないと、掃除機をかけるとしても、一往復で、それ以上何度もかける必要はないことがわかった。我家で掃除をしていても同様に感じる。下の写真のようなフローリングで何もないと、1分もかからずに終わる。おまけに、この無垢材のフローリングでの掃除機かけは、気分良く快感がある。通常は一回、掃除機で撫でるだけで十分だ。100%でないとしても、90%のゴミはとれるのではないだろうか。完璧にするより掃除頻度が重要だろう。実際は椅子とかソファーがあると、それを退けて、掃除機をかけ、後に戻すということになると、余計な出し入れ作業を要し負担なだけでなく、掃除し残しも起こり得る。狭くてごちゃごちゃした空間の掃除は大変だしストレスにもなる。広々とした空間なら、実時間以上にすぐに終わる感覚で、ストレスフリーで達成感も感じられる。下の我家の2つの居室のように余計なものを置くのをやめ続けられば掃除は能率的だ。

f:id:Miketoy:20180712161416j:imagef:id:Miketoy:20180717145313j:image

あと残った洗面所の掃除も1分で終わるので、合計3分、・・で終わるのなら苦労はないが、それでも5分強(実際は段取りや後片付けの時間もあるから、掃除時間だけに注目してもダメ)。上の写真だけ見ると、ひょっとしてミニマリストの家?と見えるかもしれないが、実際には障害物が多く、幻想でしかない(笑)。