にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

品ある紳士らしき丁寧な暮らし

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

7月の寄せ植え

今月分の寄せ植えが来た。それがこれだ。黄色のジニア、赤のコリウス、アゲラタム、青いアメリカンブルー、ピンクのマツバボタンから成る。どれも一年草の短い命であるが一枚入っている解説には、真夏でも元気に咲くお花をセレクトしたもので、カラーリーフを寄せ植えの挿し色にしましょうとある。

f:id:Miketoy:20180723082302j:image

実はこの写真を撮ってしばらくした後に、鉢が不安定なまま部屋の掃除機をかけた時に触れてしまい、ひっくり返してしまった。床タイルは割れるわ、いくつもの鉢の中味が散乱するわで、大わらわであった。花にとっては、それこそ言葉通り天と地がひっくり返るわけだから、その衝撃は東日本大地震の比ではない。ちょっとしたことをサボると、時としてこういうミスをし後悔し、自分の愚かさに忸怩した思いをする。懺悔である。

 

さて、旬な花でも1月経つと、悲惨な状態になったりするが、花の命は所詮そんなものかも知れない。でも夏のピークさえ越せば、また咲くので、何とか乗り越えて欲しいと願うのがオーナーの心だろう。今の時期は、ベランダの温度は一日中35度以上だから、この暑さでは、花達も大変だ。鉢だから動かせるのが幸いで、直射日光は遮ることができるのが地植えとの決定的な有利な点だ。

では、以前の月の寄せ植えがどうなったか見てみよう。まず、4月の寄せ植えから。花はもう何もない。ゼラニウムカーネーション多年草だから、来年に向けて何とか夏越しさせたい。

f:id:Miketoy:20180723082307j:plain

5月の寄せ植え。赤の日々草は元気、青いイソトマもまだ咲く、ピンクのカリブラコアも少し復活だ。ダイコンドラは多年草だが、かなりへたっている。

f:id:Miketoy:20180723082449j:image

6月の寄せ植え。白の日々草はそれほどでもない。当初は咲いていなかったペンタスが咲きはじめ。

f:id:Miketoy:20180723082334j:image