にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

品ある紳士らしき丁寧な暮らし

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

マイホームができたら・・

f:id:Miketoy:20180801201659j:imageテレビの地元系電力会社のCMで、幼馴染みと10年ぶりに再開した時の会話だ。それが下記サイトにある。

www.bb-navi.com

この左側の太っちょ君が「今度、新居ができたらさ・・」で、相手の言いかけの言葉の続きを待つことなく玉木宏 「遊びに行くよ!」と言い、それで終わるCMだ。

でも、これは言い過ぎではないか、「ローンが沢山残っていてね。それで・・幼馴染のよしみだし、金を貸してくれないか?」かもしれないではないか(笑)。「家族だけで閉じて生きていくんだ。だから友人関係も断捨離しようと思ってね。だから、もうお付き合いはやめよう!」かもしれない(笑)。

10年も経つと、人は変わる。幼馴染同士とは言え、先回りし過ぎではないかと思うが、果たして、太っちょ君は何を言いたかったのか。先回りできるということは、想像力に長けていて優秀な人の証でもあるのだが、本当に「遊びに来てよ!」と言いたかったのだろうか、その可能性は大いにありだが、やはりその先は直接に聞いてみないとわからないと、ひねくれ者の私は思う。

同じようなことは、NHKきょうの料理」の番組で、私が大いに敬意を評している土井善晴さんでもある。一昨日の番組は「食べもののちから」で「汲む」がキーワード。後藤アナウンサーが言いかけ中に、しばしば「そうそう、ですから・・」と繋げる(今回はなかった)。私としては、その次に何を言うかわからないではないか、最後まで聞いてあげてよと気になる。大体はあっているのだが、私は危険に思え、ちょっと不満である。ニュースを見ていたりでも妻も同様な傾向はあり、先回りしたがるのだが、せっかちにならずに静かに最後まで私は聴きたい。