にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

夏のフル回転エアコン代は1日50円

日々、暑いのでエアコンをつけるのが当たり前になっているが、同年代ブログを見ると、未だエアコンに対して偏見を持っている人が多く見受けられるように思う。エアコンに限らないが、電気は機器の仕様によって多くの場合に使用量が推定できる。使用量がわかれば、料金も確定的にわかる。適切な行動をとれば、結果もそれに伴いついてくる。だから、このメカニズムは私は好きであるが、本質をわからないまま、ただ言われるままに操作だけしていては、士気も下がるだろうし、無力感を感じるばかりではないかと思う。

未だいろいろと試行錯誤を繰り返しているが、以前は人のいないところに冷暖房をするのは愚の骨頂とすら思い、そうでないことをポリシーとすらしていた。冬でも夏でも1時間空くならば、電源オフにして外出していた。それを一部、見直した。また、オール電化のプランで深夜電力が安いから使っていたけれど、経済性だけではダメだ。運転平滑化のために戦略的に価格を安くしている原子力発電に頼り過ぎるのは本質的よくないことだし、石炭のような有毒ガスを大気に撒き散らすのは環境にとっても宜しくないし、他の人達の生存圏までを奪うとするなら言語道断である。積極的にCo2削減を意識しよう。

CO2

昨年の新型のエアコン利用の実績でエコキーパーで計測したところによると、意外とエアコン冷房の消費電力は少なかった。だから、今年からはエアコンはフル稼働にしている。エアコンをし続けても消費電力が少ないとなれば、CO2排出量も少ない。昨夏の前半は大型エアコンをメインに使わざるを得なかったが、今年は小型エアコンを中心に夏中24時間オンの運用にして、ほぼ1月経っている。昨年のまとめはこれだ。

大型エアコンは36キロの日立のエアコンで一晩10時間かけっぱなし(30度設定の冷房、扇風機併用)にして円表示で100円、小型エアコンは22キロのシャープのエアコンで25円程度。

小型エアコンの部屋は寝室だが、外出後に戻って来た時の不快感も少ないオアシスの場。そこはこの一月ずっと29度(エアコン設定温度は31.5度、外気温は常時32-38度)。この間にリモコンを一切いじらず、調整は扇風機の風にてする。外気との著しい温度差は身体の調節機能を損なうので、2〜4度の温度差が私にとっては望ましい。その部屋の1ヶ月のエアコン代は、昨年も計算したが 1日あたりが38円で、月ほぼフル回転で1200円だ。エアコンの温度調整だけだとやや暑いが、扇風機の2マス程度の微風で45度首振でエアコン側に回すと、空気は循環し涼んだり寝るには十分に涼しく静かである。扇風機の電力はエアコンの1割以下である(月に100円としよう)。

リビングの夕食時に大型エアコンを1時間くらいつけるが、料金表示では10円、逆算すれば0.4kwh、月は31倍して310円。このエアコンは高機能で人感センサーもあるので、人の居場所をサーチしてくれることもあり、すぐ涼しくなる。昨年より暑い夏なものの、2つのエアコン計で1日約50円、1ヶ月ずっと暑い高松市でも総額1610円ならば、多くの人で許容範囲なのではないか (但し、冬のエアコン暖房では、温度差が2倍以上ということもあり1日当たり100円以上を要する)。総使用電力も、小型エアコン中心の運用としたから、昨年と比較して 20kwh程度、電気代で500円程度減とエコになっているはず。

 

部屋に5時間くらい誰も人がいないこともあるが、この頃は意識的にそのままだ。不在時間はその部分だけで料金換算で所詮、1時間あたり2円程度、昼の5時間でも10円だ。そのくらいは他のところで無駄遣いしているのではないか。オンオフのし過ぎは、電気代もかかるし、Co2排出量も多くなると私は思っている(明らかに長時間不在となれば、機械だから休ませてあげた方が良いだろう)。

ということで、5時間不在程度ならエアコンオンで問題なしとしている。エアコンの機種や設定温度にもよるので各自で計測してもらわないといけないが、上記の小型エアコンは普及モデルの6万円強の低価格エアコンだが、音も静かだしエコで大満足。一般論としては新しい機種ほど性能は良いと言えそうである。