にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

ボディジャム初参加

昨日は新しいスポーツクラブで、ボディジャム45のレッスンに参加した。ボディジャム?何じゃそりゃ?といったカタカナものがスポーツクラブのレッスンでは多く、名前だけでは想像もつかない。格闘技系のボディコンバット、筋トレ系のボディバンプ、癒し系のボディバランス、エアロ系ハイインパクトボディアタック、ステップ台を使うボディステップ、そして今回のダンス系のボディジャムとあり、多くあるレズミルズプログラムの中の一つだ。ルーツはアメリカかと思ったら、そうではなくニュージーランドが発祥。日本はこの手の新サービスの開発に弱いが、ニュージーランドとは意外だった。Kスポーツクラブでも実施していたが、それなりのライセンスやトレーニングがインストラクターになるにはいるらしい。

ボディジャムはダンス感覚を楽しみながら行うレッスン、ダンス力の向上もできますと1行解説にある。数日前のエアロビクスとステップの体験レッスンのインストラクターで知っているので、まだ不安感は少ないのだが、わけのわからない場で、知らない人ばかりで、何がそこで起こるかわからない段階での始まるまでは、とても居心地が悪い。

そのY先生のエアロビクスに続く二コマ目の続きのレッスンだ。初心者マークのついていないレッスンなこともあり、ちょっと初めての人には難しいかもしれないと言っていた。後半になってやっと動きが少しわかってきたが、やはり最初のこともあり、ついていくのは厳しい。

ダンス系では他にズンバは比較的有名だが、あのノリはやや肌に合わないということで、以前に記事を書いた以降はレッスンには出ていない。嫌だというわけではないが、この45分のボディジャムのプログラムもそうだが、おじさんには運動量が多すぎ、30分でもきつそうだ。かと言って、ラジオ体操的なのも盆踊りも古臭くて嫌い(笑)。ヨーロッパ系の社交ダンスも気取っていて嫌い。やはり、エアロビクスのような現代風健康体操的な品行方正ものの方が好きだなと思った。でも、せっかく新しいレッスンがメニューで試せるので、今後もいくつかのレッスンに参加してみたい。次は、やはりレズミルズのシバムという初心者クラスに出てみよう。新しいものへの挑戦、その体験は老化防止には重要だ。

Acadêmia 2fit - Aula de Body Attack