にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

品ある紳士らしき丁寧な暮らし

エコピープルでアドラーな Miketoyの75点人生のライフログ

写真と3Dマップの一致は凄い!

f:id:Miketoy:20180812184040j:image

以前に飛行機の窓から、高松市内に近づいてきた時に撮ったが写真がこれだ。でも、2次元表示の県内の平面地図を頼りに探しても、このため池がどこで、この低い山はどれに相当するかも不明で不満だった。それが、やっとわかった。

実像に近いのはマップアプリでの航空写真、3D画像と照らし合わせた。立体感があると、見ている視線のイメージと合う。ポイントになるのは、形の変わらないため池周辺のラインと付近にある山だ。機翼の上部、写真中央のギザギザ形をした大きめの池、そしてその左側にあるため池は失恋💔したようなハート形(笑)で中央が橋のようになっているのが特徴的、この2つが手掛かりである。それからすると、中央のため池は「新池」、となりが「龍満池」ということになりそうだ。この手のことは、このアップル社のマップアプリなしに探し出すことは考えにくい。

f:id:Miketoy:20180812184050p:image

Google earth でも下の写真のように同様に見られるが(私がその方法を熟知していないだけかもしれないが)、マップアプリの方が私には使い勝手が良さそうに思える。今度、飛行機に乗った時に確認して見る上空からの風景が楽しみである。今や地図は3Dで楽しむ時代になったのだなと思った。仮想と現実が近づいてきた感がある。実像と3Dマップを照らして、一致した時の『わかった感』を感じられるのは、地図好きにとってとても嬉しい進化である。

f:id:Miketoy:20180812194120p:image