にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

尾畠さん流石!平和なニュースが良いね

お盆の季節が終わった。miketoyの父親はキリスト教、そして私は無宗教なので無縁であり、いつもながら何もない普通の日々である。この数年は夏頃に親を偲ぶ会を開いていたものの、今年は私の都合もあり9月末とした。この時期に墓参りに行かないことは、ご先祖様を軽んじているようで少し罪悪感を感じるのも事実である。

このお盆の時期のUターンラッシュ時によく見られる爺ちゃん婆ちゃんと孫の再会、また別れのような平和なニュースが続くと、幸せそうで素敵だなと思っている。ローカルニュースはその手ののどかなニュースものが多いので、リタイアした私は最も好んで見るテレビ番組だ。

さて、山口県周防で12日から行方不明になっていた、よしき君が無事に見つかったのは幸いだ。最初に発見した尾畠春夫さんは大分県から駆けつけた捜索ボランティア。小さな命が救えたと涙ぐむ尾畠さん、ほっこり心和む、とても良いニュースだと思う。やはり、警察などの組織的な捜索は重要なのだが恐らくその決められた範囲でしか探さない。今まで、どこをどう探していたのだろう?とすら思う。草の根ボランティアの直感力と合わせ捜索することの必要性を感じた。ともかく、78歳の尾畠さんのような決して他者からの承認を求めるためにしているのではない純粋無垢な行動、ああいう姿は私の目標である。そんな健康的で格好の良い爺さんになりたいと思い、大いに勇気付けらたのは決して私だけではないだろう。素晴らしい貢献である。

さて、そのニュースと言えば、ネガティブか狂気のどちらかが世の中では圧倒的に多い。報道されるトップニュースでは嬉しいニュースはあまりない。このニュースだって、もう少し発見が遅れれば悲惨なビッグニュースになっていたろう。そうすると、原因究明、再発防止、犯人探し、バッシングの続く暗いニュースとなってしまったろう。今回は結果オーライだから、それほどのニュースにはなっていない。

一方で、スポーツの日本は頑張った!日本中が応援している!!とか狂気の沙汰ではないかと思える放送を公共の電波でやっている。日本中がというのは誤りだ、根拠なき過度の一般化をするな!、少なくとも俺は応援していない(笑)と言いたい。どうも、1か0かの両極端のニュースが圧倒的に多く、私達もそれを好む風潮に日本の将来の危うさを感じるのは私だけだろうか。狂気でもなくネガティブでもない平和で穏やかなニュースが続いて欲しいものである。

~~come see the lights~~