にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

柔らかいパンの耳

朝食はずっとパン食である。バターをつけハムとチーズを載せて食べる。あるいはベーコンエッグにするかどちらか。あと牛乳と果物(グレープフルーツかリンゴ半分)、そしてヨーグルトが定番である。

パンのあまり味や質にはこだわらない方だ。でも、パンの耳は硬くていつも違和感を感じている。パンの周囲にあるアレだ。最安値のパンの耳は特に不味い。パン本体の価格が高ければ、パンの耳も美味しいか?というと、必ずしもそうでない。そんな状況の中で、お手頃価格でふんわり優しい耳を持つのがヤマザキのふんわり食パンだ。バター、ハム、チーズの相性が良いので私は好きである。安売りで購入せずとも、定価購入でも良いのだがこのところ入荷がなく、やむなく別種の食パンを食べている。行きつけのスーパーでは、定番リストから外れたようで残念である。

ヤマザキ ふんわり食パン 6枚切り×3個

このパンはトーストをしなくても、ジャムなどをつければ十分に美味しく食べられる。1年半前の引越し直後の時もそうだったが、ものが準備されていない時に簡易に食べる朝食として重宝する。やはりパンは、ソフトな耳のそれが良い。難はやや小さめなこと。

以前は、将来に何が起こるかわからないから、もしものためにと底値のパンを選ぶというのが通常のパターンであった。もう、今の段階であまりセコセコしても、人生の結末においての残高には大勢の影響はないから、上等でなくても良いから不味くないパンを食べよう。この手のことが増えてきた。少しランクアップした程度では支出にあまり差はつかない、ついても1割程度なのは、ほぼ確実だ。残りの人生で、少しの金額を上乗せを厭わず、上質なそれを選ぼうということである。

 

でも、未だパンの耳というと、未だあの「傷ついた小学生」の心を思い出すことがある。それはここでの論点とは全く異なるので、明日、関連する別の記事で書くことにしよう。