にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

iPad の使いこなしガイド

ゼロからはじめる iPad スマートガイド [iOS 10対応版]

iPad OSの最新版12.0を導入してみている。それより少し前の版の iOS10 対応の使い方ガイドだが、さほど大きな変化はないので、昨年6月に出版されたこの本で十分だと思う。最も基本的操作は、タップ、ドラッグ、スワイプ、ピンチ。画面の切り替えでも文字入力でもそれらの基本ができていないと使いこなすのは辛いだろう。

伝統的なパソコンの世界とは異なった概念のものも多く出現し、技術用語で何を意味するかが想像もつかない言葉も多い。それら基本機能の全般を各2〜4ページで見やすく要領よく書いてある本なので、iPadをパソコン的に徹底的に使いたいと思う人にとっては取り掛かりには良いと思う。若い世代はこの手の本なしで感覚的に覚えて行くのだろうが、シニア世代は本があった方が理解しやすいだろう。(私自身も大いに抵抗していた)キーボードもそうだが、パソコンでの入力の基本操作から脱することができさえすれば、あとは全て慣れ、時間の問題となる。今ではソフトキーボードで慣れているので、キーボードがそばにあったとしても使うことはないだろう。切り貼り作業にしても、今ではパソコンで操作していた頃と同じくらいの時間で済ませられるようになっている。

そのように何でもタブレットでこなすパワーユーザーと自負しているのだが、その iOSでできる機能は試行錯誤で覚えていった。だから近視眼的で自分に必要性のあるアプリだけを体験的し良く知っているだけで、必ずしも網羅的に知っているわけではない。最も頻繁に使用するメールやウエブのアプリだけに限っても、各アイコンの意味するところや各機能が高度すぎてよくわからないままにすることは少なくない。だから自分の好き嫌いは置いておき、全貌を体系化して整理することも時として重要なのだ。

ただ、この種の入門本の先は、手引きなしで独力で問題解決をしていかねばならない。その後は混沌とした世界が待っている。Androidタブレットは、またパソコン的な異なった癖があるが、それでも Windowsパソコンなどと比べると、タブレットは遥かにマシで使い勝手も良いはず。以前は母艦のパソコンが不可欠であったが、今は全然そんなことはなく母艦もタブレットで十分だ。パソコン使いで苦闘している人は無駄な時間を費やさず、早くタブレットに乗り換え、こちらの世界に慣れれば良いのになと心底から思っている。