にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

マンションでのコミュニティ形成

f:id:Miketoy:20180922160000j:image

年に一度のマンションの管理組合総会、私の住むところでも9月末にあった。私は理事でもなんでもないが、住むマンション総会には必ず出席して、管理費が高すぎると去年に続けて意見した。来年も意見するだろう(笑)から、きっと煙たがれているに違いない。私の印象では、(ご本人達は意識していないかもしれないが)管理組合と管理会社の癒着体質があるように思える。

マンション(に限らないのだが)のコミュニティはどうしたらできるかに私も関心がある。まずは知り合うこと。住人と情報をシェアしあうことだろうか。その上で、関係者の言動に必ず好き嫌いは出てくるだろう。それを避けるため自分の殻に閉じこもりがちになることと、マンション住民では互いに没交渉の方が好ましく思っている人も少なくない。とは言え、同じマンションの人は似たプロファイルの人が多いはずだから、コミュニティ形成には有利な側面もあるはず。コミュニティの形成されたマンションは、管理費も低廉で生き残る。コミュニティのできないところは、管理会社任せで、利益も上乗せされている管理費がどんどん上がって負担増を余儀なくされざるを得ないだろう。

管理費はある意味では、もしもの時の保険金のようなもの。何にでも保険を掛けたがる人は、管理費は上がってもさして抵抗はないだろう。管理費程度のチマチマした金額と気にしない人も多そうだ。逆に、食費を10円、1円単位まで細かく管理している人もいるが、私はそこまで細かくはないが口煩いタイプだ。そういう多様な人のいる中での合意形成は容易ではないだろう。同一のマンションという限定した範囲においたとしても、コミュニティは形成できるのだろうか。私にもよくわからない。