にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

コンポスト購入、補助金も出る

f:id:Miketoy:20181026150510j:image

上記の生ゴミ処理容器(コンポスト)を購入した。本格的なゴミ処理機は電気を使うので私の選択基準からすると論外であったので、当初は段ボールでの手作りコンポストでと思っていた。しかし、いろいろと必要なものの整備が大変そうだし、見栄えも重要なので、最終的にはそのコンポストのキットを購入し、今は試運転の状態を終えようとしているところである。

当初は期待はしていなかったのだが、市の補助金の有無をチェックしたら、「生ごみ堆肥化容器購入補助制度」の対象になりそうだということで、一昨日に申請書を提出してきた。購入価格の半額の補助金(最大3000円)が、後日に振り込まれるはず。本格的なゴミ処理機だと、同様に申請書と添付書類の提出で40%の補助金(最大16000円)を受けられるという。私の場合は6804円で購入、頭打ちの3000円分の補助が出るはずで、つまり3804円で購入できるということになる。あちこちの市で類似のシステムはありそうなので調べられたい(自分の住む市、生ごみ処理機、補助金の3つのキーワードで上位に検索されることだろう)。

Yen

補助金といえば、旧宅で太陽光発電システムの導入時に35.7万円の補助金を受けた。昨年実施の二重窓でも6万円の補助金を受けた(両方とも業者さんに代行してもらった)。関心のある人には、ぜひこのような補助金申請制度を活用されたらいかがか。

ただし、コンポストで半額の補助が出たとしても、あまり明確な経済的メリットはなく個人的には持ち出しである。ゴミは多くても少なくても市に持っていってもらえるし、税金や住民税も同じ(個人的には、排出ゴミの量に応じて負担させるべきものと思うが)。次世代のために、多少なりとも貢献をしたいというのが外向き格好付けの理由であるが、社会に貢献する善人な自分という自己満足でもある(笑)。

追記: 11/17 郵便で下記の補助金申請が通ったとの通知が来た。12月末に振り込まれる予定。f:id:Miketoy:20181117102015j:image