にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

車屋さんを全面信頼

IT分野に関しては、私はネット上にある情報を頼りに独力で何とか問題解決できる。一方で、車やバイクとなるとそうはいかない。機械工学が専門だったにも関わらず、メカ音痴なのでお手上げだ。だからその手のことは車屋さんに丸投げになる。たまたま近くにバイクが好きな職人さん気質な店であったので、今後はそこと付き合っていこうと決めた(その見極めは重要と思う。世に悪い奴や会社は少なからず存在するから)。購入したのもその店、購入価格はネットでのそれと比べると高めだったが、後々のメンテナンスが重要と考え、誤差の範囲とみなした。エンジンオイル交換は1000キロ毎に必要ですと言われれば、自己判断せず、それに従う。1000円ですと言われれば、値切ることもせず、また部品交換の時期ですよと各種請求書も言われたまま支払う。騙されているかもしれないが、全面信頼して任せている。

私も10年以上前までは血気盛んで、そんなこと言ったってどうせ儲けようとしているのでしょうと、相手を不信のモードで疑ってかかっていたから、購入価格は徹底的に競合見積りの最安値のところで、オイルなどの使用期間もいつも伸ばし気味で使っていた。これでは、そことの永続的友好関係は構築でき難い。

今は、少し違う。最安値には拘らない。ここで交換をケチっても、大勢に影響はない。気持ちよく仕事をやってもらって、適正な利益分を上乗せしてもらうことへの抵抗感も減った。地域で信頼しているところに委ね、高めの支払いでも良しとしている。将来のために余分に蓄える必要がなくなったということである。し過ぎは生活出費過多になりがちになるのが問題だが、車屋さんだけに限らず、リフォームでも、旅でも、日常のスーパー買でも似たような側面は増えている。「あがり」が近いために起こった態度の変化だろうか。

Nacmias Auto Sales, Service, and Repairs