にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

1日350グラム、なぜか生ゴミが少ない

このところ、コンポスト生ゴミを入れ堆肥化させる関係で、毎日の野菜屑などを切り刻んで、またその重さも量っている。コンポストのかき混ぜサイクルが朝晩の2回なので、朝と昼夜分のゴミ量を体重計*1で量る。食後に切り刻むことやかき混ぜることは面倒でもあり、またまだ習慣化していないので忘れることもしばしばだが、その量を何とか把握したいと思い、データを記録している。我家夫婦2人での結果は、朝食は基本的に同じメニューなので、生ゴミはほぼ毎日150グラム。昼は0、夜は調理をして100グラムから多い時で250グラムと変動する。すると朝と夜分を合わせると1日の生ゴミ量は250グラムから400グラム、平均的には 300〜350グラムといったところ、1月分換算で30倍して約 10kgだ。

それにしても朝のゴミ排出量より夜が少ない。そんなはずはなかろうということで、追求したら理由がわかった。腐ったりしたものを妻は発覚を恐れて隠していたのだ(笑)。データの隠蔽、捏造事件には注意!、そのような体質を含め見直さねばならない。とりあえず、我家では多めの1日350グラム、月10キロの生ゴミ排出量を「真の値」として、追って内訳を整理し別の記事で示したい。

pre-electronic binary code

*1:量り方: 体重計に載せる。以前は少ない値では精度があまり良くないだろうから、ゴミを持った自分の体重を測って、その後に自分だけの体重を計り、差し引いたりしていた(飛行機搭載手荷物の重量制限がある時は、超過分を処分させられたこともあったので神経質になる)。タニタの体重計は優秀で、そのままゴミ袋を置いても軽い方の目盛りに差はなかった。でも50グラム単位の表示なので少ない量となると四捨五入するためか怪しい数値にはなる。