にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

ゼロウェイストを目指すエコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

2018年特別費まとめ153万円

今朝の四国新聞の特集、「冬のマネー講座2018」の記事の中で家計見直し支出抑制で次の図が出ていた。私は月次で管理するライフラインとしての基本生活費と年間にて管理する特別費で分類し、異なった枠として管理しているのだが、対応させるとこんな区分けだろうか(教養娯楽費のうち、地デジ相当は基本生活費でも良いと思うが)。

f:id:Miketoy:20181202060337j:image

12月には特別費での大型の出費はないはずなので、2018年1年間の特別会計を集計したい。特別費の大きなポケットとして8項目、合計で年間150万円の特別費を見込んでいた。パーキンソンの法則ではないが、その額を2%上回った程度である。この特別費と月々の基本生活費(14万円 x 12 = 168万円)を加えれば、年間総支出は、国内夫婦2人世帯の全国平均をやや下回る 約320万円でほぼ平均どころ、それは隠すことのない我家での明朗年間会計である。税額や社会保険の負担はここで示された平均値よりかなり多いのだが、その金額範囲で海外旅行にも行け、十分に気持ちも豊かな花あるエコライフを満喫できていると思っている。その特別費の内訳は下記の通り。

Weight scale

  • 健康保険・介護保険料  38万円
  • 住民税、固定資産税      25万円
  • 旅行費用                        43万円

          香港 12.3
          岡山  2.0
          北海道 10.7
          蒜山足立美術館 2.7
          桂林      17.0

  • リフォーム関連費用          31万円

         ガス給湯器        16
         フローリング    12
         クローゼット        3

  • 帰省、冠婚葬祭 (交際費)          5.7万円
  • 耐久消費財 (今後も予定なし)   0
  • 寄付                                          6万円
  • その他(ブログ本, 就職準備)      4.6万円

----------------------------------------------

2018 特別費合計  約153万円 

 

(昨年2017年は、住み替えプロジェクトがあったため、この特別費は 1,116万円あったが来年以降も今年程度の特別費で済むであろう)