にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフログ。 “丁寧な生活” を目指すライフスタイル

煽り運転は死刑で良い

あおり運転による殺人罪認定で、懲役16年の判決が出たようだ。私も、バイクで四輪車を追い抜いていき、似たような恐い経験をしたことがある。車格の低い車に抜かれることに気分を悪くする輩がいるのであろう。殺意の立証が必要だと言うがその争点は次の3つだという。①クラクションを繰り返した理由は、危険を感じ、自分の存在を知らせるためだという。繰り返さなくて良い。それならば、危ないぞ!との一回だけで十分だ。理由になっていない。②追突時の状況は、腕時計を見たり、漫然と運転して気づくのが遅れたとのこと。これも、脇見運転だし、加速しているのに漫然とという悠長な状況ではなかったのは明らか。普通では信じられない状況認識と思う。③「はい終わり」発言は、自分の人生が終わったと感じ、落胆して言ったとの意味だと言う。そのようなわけのわからない解釈をしようという弁護側の詭弁にも呆れる。このような議論になっていない議論は社会的な無駄と思う。通常の感覚から普通に考えれば、争点になる話ではなく、殺意は明白だ。自分を粗末にするのは勝手だが、他者までを巻き込みモノ同然に粗末に扱う態度は言語道断である。16年後に、この種の人が世の中にカムバックしてくるのが怖い。

Spread the Word! – Save Jobs.