にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

実態なき非消費支払で100万円超!

hanging-out clothes

3月の年度末は4月以降分の年額払い分が多くなる季節。バイクの任意保険は2年目の年額は 11,850円で、昨年より3350円安くなって驚いた。そして健康保険料の来年度の納入通知書が昨日に届き、そちらも振込んだ。末日まで支払いを遅らせても、その利息分は大したことはなかろう。健保は月額では29,315円、年払いだと7373円安の 344,407円。保険料が両方で1万円以上安くなって嬉しいが、それ以上に増加した支出もある。

65歳からの介護保険で年額131,400円で約5万円増、県民市民税も27万円と約7万円増の見込で、先の嬉しさも打ち消しだ。マンション管理費は同じで24万円、その他自動車税まで足し合わせただけで、年額の非消費支出は100万円を超える。その他固定資産税、既に源泉徴収される所得税が30万円以上と見込まれ、実態なき非消費支出は大きく痛い。モノを購入するのと違って、非消費支出は目に見えにくいからやっかいで、出るものをきちんと計画することは必要不可欠と思うが、一方で私の今の度量では限界がある。

発想をもっとダイナミックに転換する必要があり、金持ちになるにはトランプ氏やロバートキヨサキのように、キャッシュフローを考えて税金や住民税を払わないで済ます大胆な戦略に出ねばならない。私はもう手遅れ感があるし、居直りもある。彼等からは視点が狭いと言われるだろうが100万円の請求のきたものを一括払いで数千円のお得を目指し、請求通り支払うのも堅実な生活を送るためには意味ありと。残りの金額で何とか生活をしていく公務員的な貧乏父さんとして染みついた発想、このままで生涯いくだろう。