にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

ガラケーでのウェブ操作

ガラケーでウェブがかなりできるようになった。今までも、矢印キーを使う範囲ではできていたのだが、どうも場所指定のクリックに相当するタップ操作のコツがわからない。そのまま理解を深めずにいたのだが、ふと「キーにしっかりとは触らず、軽く触れるだけ」と書いてあったのを目にした。今まで片手のみで操作していたから、意図した場所とずれてしまい、ポイント アンド クリックがうまくいかなかったのだ。それが両手を駆使して操作するとできるのだ。すなわち下の写真のように、まずは①右手親指で上部の矢印キーあたりを弄りポインタを持っていき(マウスを動かすポインタの役割)、その後に②左手親指は普段は上げておき、タッチが必要になったらキーの中央部に軽く触れる(マウスでの左ボタンクリックの役割)といった具合だ。今までは、右親指の片手だけで一貫した操作ができるはず!と思い込んでいて触れるとポインタ位置がずれ、ガラケーのウェブはうまく操作できずダメだと判断していた。画面が小さくても、この両手を使う操作でほぼ100%ポインタ操作が思い通りこなせるように今ではなった。今後は非常時においてもガラホを駆使して、インターネットの世界をこなせそうで、大いなる進歩である。下記は、ウェブでの gmailの操作の一例である。

f:id:Miketoy:20190302151713j:imaget

今日の新聞広告だが、ガラケーは「おじいちゃん使っていたような・・・」てなイメージがある。スマホの流れが理解できずに抵抗し、古いガラケーにこだわる頑固な爺さん婆さん、そんなタイプの時代遅れの人だけが使う古臭い機器というイメージだけが残るが、もう少し頑固者を続けよう(笑) f:id:Miketoy:20190307054650j:image