にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

仕事も1年の四季を通すと見えてくる

常勤のマンション管理人になって一年以上経つ。それまでは派遣会社のマンション管理員、いわば代打役で半年余りあちこちへの勤務であった。

同じ場所で、また季節を通さないとわからないことは多々ある。夏と冬はかなり違うから、こちらの通勤服も変わるし、また管理員室の部屋がどのくらいの温度になって、寒暖にどう対策を取れば良いかなども変わる。また、マンションでの暮らしに関連する掃除仕事は、日々の降雨の状況により大きく変わらざるを得ない。周囲の池が氷ったり、雪が通路に残るとかあればそれなりの対応が必要になる。私の勤務先では、この数日は排水溝や手摺のその黄砂と思われる汚れが目立つようになってきた。その他に、クリスマスシーズン、年末年始、年度末、植栽も開花や管理作業の時期も、また夏の暑さや冬にあった水遣り対策も大きな年サイクルの一つだ。それ以外に、各種点検作業や、駐車場や、入居出入り、そして近隣とのトラブル問題など、やはり一年経つといろいろなことに直面する。でも一言で言うならば、掲示も何もなく平和であり続けることが一番だ。

一通りのサイクルの仕事をこなせたという自信のようなものが身についた気もするが、高松に住んで1年経った時も同様に思った。石の上にも3年、これからはどんな風景が見えてくるのだろうか。この間の1年めほどの変化はないであろう。

Golden Westlake Executive Residences