にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

アクティブシニアのコンパクトなエコ生活

エコピープルでアドラーな Miketoyの85点人生のライフスタイル

ジムも4月から新メニュー

Zumba!

フィットネスクラブのスタジオレッスン、例えばエアロビクスでは月に一度くらいで振り付けが変わる(32カウントで構成されているコリオと言うらしい)。その4回は基本的に同じだから、月初めのレッスンは難しく、毎週出ていれば4週目頃となるとやっと慣れてくる。上達するには、その積み重ねが必要なのであろう。私の実力より少し高いエアロビクスのクラスに参加しているが、徐々に重なる部分が増えてきた。年初に、年末までにこのクラスで華麗に踊れるようになることを目標としたが、あと9カ月で何とかなると思う。

3ヶ月は1単位でクールというようで、レッスンプログラムは印刷物として配布され、音楽なども変わったりする。そのタイミングで、講師やレッスンなど一部入れ替えがあり、新聞広告の大々的なチラシも作成され、この4月の初めはよく見かける。年度始めの4月は大幅に見直しがあるといわれ、確かに最初のジムであった Kクラブのプログラムを見たが、2年もするとインストラクターもかなり入れ変わっていた。でも、今私の行っているフィットネスジムは1つだけ新クラスがあるだで、それほどの変化はない。そのせいもあってか、レッスンの参加メンバーは常連さんばかりで、4月といえどもほぼ同じで少しずつの変化だ。どのスポーツクラブも似たようなものであろうが、新人は4月に限らず、年がら年中、1割以下な感じだろうか。新入社員などで参加したい気持ちはあっても、まだ仕事の余裕のできないうちにジムにも通うのは、精神的にも負荷が高すぎるだろう。

一方で私も7か月経って慣れてきたから、逆に新入りがいない顔見知りばかりの方が安心で居心地が良いという気持ちもわかるようになった。得体の知れない新人は、すごく上手かもしれず、怖いので、声をかけにくい。新入りのときは、そんな暗にある古参通しでつるむ排他性を批判していたのだが、誠にもって勝手なものである。